ページ上へ

candy

candyのスクリーンショット画像 アプリ特化
料金(目安) 初回無料ポイント オススメ度
2ショットチャット 520円/分
パーティーチャット 390円/分
1,500円分

candy(キャンディ)はAndroid専用のライブチャットアプリです。
システムはノンアダルト系で人気のライブでゴーゴーの物を使っています。
運営会社は別ですが、キャンディの公式情報にも「produced by ライブでゴーゴー」の記載があります。
コンセプトに大きな違いはなく、candyもノンアダルト系のライブチャットアプリに分類され、大手が運営に絡んでいるだけあってシステムの安定性が高いです。

キャンペーンやまとめ買いを利用しないと割高

candyの料金システムは事前課金のポイント制です。
1pt=1円ではなく、課金する料金によってポイントの単価が変わっています。
通常時は1pt=1.4~2.6円相当になり、1,000円のみ課金して2ショットチャットを利用すると200pt×2.6円で1分あたり520円の料金を取られます。
料金表を見て、1pt=1円だと勘違いしないように注意しましょう。

candyの利用料金
メッセージ送信 100pt/通
画像添付メッセージ送信 200pt/通
パーティーチャット 150pt/分
2SHOT 200pt/分

機能はシンプルでオリジナル性がありません。
マイナーなサービスでありながら、ライブでゴーゴーがプロデュースしている安心感によって、友人・知人にライブチャットで活動していることがバレたくない女の子が集まっています。
通常料金でポイント購入すると割高になってしまいますが、大手の利用も躊躇するような素人女子を求めている方におすすめです。

イベント

チャレンジミッションと称したイベントを随時開催しています。
一定の利用をするとボーナスポイントを受け取れます。
その他、ポイントはまとめ買いをするほどお得になる設定になっていて、ポイント増量キャンペーンを開催することもあります。
ただし、基本料金の設定自体が高めになっているので注意しましょう。

candy(キャンディ)の利用価値は?

ライブでゴーゴーのプロデュースになっていますが、iOSとAndroid対応のライブでゴーゴーに対してcandyはAndroidのみの対応です。
また、料金設定も100pt=108円のライブでゴーゴーより割高です。
初心者が手軽に楽しむであればライブでゴーゴーを利用することをおすすめします。

Androidのみの対応なので、2大OS対応のライブチャットアプリに比べてユーザー数は少なめです。
オープンした当初は一定の盛り上がりを見せたものの、現在は閑散としています。
あえてマイナーで活動がバレにくいライブチャットアプリを好む女の子もいるので、貴重な超ウブ系の女の子を時間をかけて探したい方は登録してみる価値があります。