ページ上へ

実際に会える?

オンラインツールでの出会い

ライブチャットアプリは、双方向でのやり取りをすることで、女の子との距離を縮めて親近感がわいてきます。
仲良くなると、関係を発展させたい気持ちを抱くことがありますが、実際に会うことはできるのでしょうか?
交渉次第にはなりますが、ライブチャットアプリはあくまでも、スマホやパソコン越しのやり取りをするものなので、会える確率は非常に低いです。

サービスが多様化

ライブチャットアプリの他にも、出会い系アプリ、婚活アプリ、パパ活アプリ、セフレ募集のアダルト系マッチングアプリなど幅広いサービスが普及しています。
マッチングサービスの種類が増えた現代において、良い人が見つかったら会ってもいいと思っている女の子は、会うことを前提に考えたサービスを使っています。
ライブチャットアプリは、見せるのはいいけど触られるのは嫌な女の子が利用しているものです。チャットを通じて仲良くなったとしても、実際に会えないか交渉すると態度が変わるケースが多いです。
男性ユーザーとは会いたくない希望条件を持っている女の子が多いので、交渉次第とは言え、成功する可能性は非常に低いことを覚えておきましょう。

会えたとしても、、

女の子に出会うためにかかるお金

ライブチャットアプリでお小遣い稼ぎする女の子は、利用するサービスにもよりますが、ツーショットチャットで1分100円前後、パーティーチャットは参加者1名につき1分50円ほどが報酬相場です。
仮に平均で3人の男性を集めてパーティーチャットしている子は、30分で4,500円を受け取れる計算です。

ライブチャットは自宅から空いた時間で手軽に利用できるメリットがあります。売れっ子や事前アポで予定を取る子は2~3時間で1万円以上稼いでいます。
女の子が稼ぎやすい料金システムになっている中で、実際に会う交渉をすると必然的に高額な料金を請求されます。
女の子から見れば、移動時間や待ち合わせ、バックレられた時のリスク、モニター越しとは異なるサービスなどを考慮した報酬を提示されないと会うメリットがありません。
会うことを目的にする場合は、ライブチャットアプリよりも出会い系やパパ活系アプリを使った方が圧倒的に効率が良いです。

「会いたい」は御法度?

ライブチャットアプリの多くは実際に会ったり女の子と直接連絡先交換することを利用規約で禁止しています。
一部のユーザーは交渉によって関係を発展する事例もありますが、会いたいなどと話を持ちかけられた時点で、チャットの強制終了や通報によってアカウントをBANされるケースがあります。

ライブチャットアプリの運営者は、お金を払う男性ユーザーよりも、課金ユーザーを集客できる女性ユーザーのことを大事にしています。
女の子が安心して活動できる環境を用意することに運営が力を入れているので、男性目線では「このくらいいいじゃないか?」と思うような軽いトーンで会いたいと言っただけでも、ペナルティを受けることが多々あります。
仲良くなってイケるかもしれないと手応えを感じても、ポイントが残っているアカウントなどペナルティを受けるリスクが高い状況なら、余計な交渉はせずにライブチャットアプリの中で楽しむようにしましょう。