ページ上へ

風俗とライブチャットの比較

女の人の横顔

風俗とライブチャットを比べた最大の違いはスキンシップの有無です。
風俗は実際に手や口、身体を使って性的サービスを行うもので、ライブチャットは画面越しにエッチなやり取りをする流れになります。
なお、ライブチャットはストリップのリモート版だと勘違いする方がいますが、ヌクことや女性と直接コミュニケーションを取る風俗に近いサービスです。
今回のコラムでは、風俗とライブチャットの比較。そして風俗に比べたライブチャットならではの魅力・メリットを紹介いたします。

料金の違い

ライブチャットは画面越しのサービスになる分だけ料金がリーズナブルです。
風俗・ライブチャットの料金相場をご覧ください。

ライブチャット
パーティーチャット 100~150円/分
30分 3,000~4,500円
60分 6,000~9,000円
90分 9,000~13,500円
2ショットチャット(アダルト) 150~250円/分
30分 4,500~7,500円
60分 9,000~15,000円
90分 13,500~22,500円
風俗
ピンサロ
30~40分 5,000~9,000円
ヘルス
ショート(40~60分) 10,000~20,000円
ミドル(70~90分) 15,000~25,000円
ロング(100分~) 30,000円~
ソープ
格安店(40~60分) 10,000~25,000円
中級店(70~90分) 25,000~45,000円
高級店(60分~120分) 50,000~100,000円以上

風俗でもピンサロや格安店、ショートコースを活用することで、ライブチャットと比較して気になる価格差にはなりません。
しかし、次の項目で紹介しているように、安いお店は衛生面のリスクが高いので注意しましょう。
また、風俗はコースごとに時間が決まっていて、早く終わってしまっても残りの時間をトークなどでカバーされるのに対して、ライブチャットは決まった利用時間がありません。

パーティーチャットやのぞきモードを活用すれば、5~15分程度の短い時間で満足することも可能です。
このほか、風俗店は滅多に割引キャンペーンをすることがないのに対して、ライブチャットは初回無料ポイントや定期的な割引・ポイント増量セールを開催しています。
ライブチャットを賢く活用すれば、相場の比較で見える価格差以上にお得感が高いです。

性病リスク

風俗の大きなデメリットになるのは性病リスクです。優良店は定期的な性病検査をしていますが、日々多くのお客とスキンシップを取っているので優良店・高級店でもノーリスクではありません。
なお、風俗の場合はシャワーに浴びないピンサロはリスクが高くなるので注意してください。
生で素股やフェラなどを行うヘルスも、ゴムを付けて行為をするソープに比べるとハイリスクです。

このほか、料金に応じて風俗嬢とお客の質が連動する特性があり、格安店はお店のジャンルに限らず性病トラブルが多いです。
ライブチャットは画面越しのやり取りになるので性病リスクが一切ありません。
安全性の高い特性から、ライブチャットは意外にも性病になった際のリスクが高い既婚者や恋人のいる男性からの需要が高いです。

女の子の質

スマホを操作する女性

可愛くてスタイルが良い女の子が活躍しているのは、風俗・ライブチャットの共通点2です。
女の子の質でポイントになるのが、リアルな恥じらいプレイを見せてくれるウブで素人感の高い女の子の有無です。

風俗嬢は性サービスのスペシャリストであるプロの女性が多く、未経験で勤務する子もスタッフの研修によってある程度開拓されているほか、1回の勤務でたくさんのお客を相手にしているものです。
また、体力を消耗する職業柄、キャバクラなどのナイトワークに比べて副業で働く人が少ない特徴を持ちます。

それに対してチャットレディはサイトに登録するだけで気軽に始めることができ、自宅で働ける手軽さから性的サービスとは無縁そうなウブな素人女子が多数活躍しています。
百戦錬磨のプロとリアルな反応が魅力のウブな素人女子のどちらが良いかは人それぞれの好みですが、ライブチャットは女の子のタイプが幅広いです。
もちろん、ライブチャットでも男性を喜ばせることを熟知したプロもたくさん活躍しているので、好みや目的に合った女の子を選ぶことができます。

なお、風俗は接客のプロである風俗嬢がリードして、コース(時間)に合った内容で一定品質以上のサービスを提供してくれます。
ライブチャットは経験が浅い女の子だと、男性側がリードしないと存分に楽しめないので注意してください。
交渉や駆け引きの楽しさをメリットと捉えることもできますが、女性とのやり取りに不安がある方はパーティーチャットか覗きモードから始めるとよいでしょう。