ビデオ通話アプリとライブチャットアプリは似ているようで別物です。

ビデオ通話アプリとライブチャットアプリの違いは何?

MENU

ビデオ通話アプリとライブチャットの違い

 

ビデオ通話アプリは、ライブチャットアプリとは別物なのです。
どちらも女性が顔を公開しており、男性側がそれを見られるようになっています。
しかし、両者には決定的な違いがあるので紹介したいと思います。

 

これを知っておかないとまったく違う目的のアプリを利用してしまうことになります。
時間やお金を無駄にしないためにもしっかりと把握しておきましょう。

 

ライブチャットは女の子を鑑賞するもの

 

セクシーな女性

とてもシンプルに言ってしまうと、ライブチャットアプリは女の子を鑑賞するものです。

女の子との他愛のない会話を楽しんだり、時にはエッチな要求をして性欲を満たすこともあるでしょう。
セクキャバやピンサロのネット版だと考えるのがイメージに近いです。

 

ライブチャットアプリは女の子を鑑賞するのが目的なので、出会いを目的にはしていないのです。

 

出会いを目的にしていないのですから、当然口説いても効果はありません。
女の子側もアルバイトとして雇われているチャットレディであることが多いです。

 

中には素人の一般女性が待機していることもありますが、基本的にはネットだけの関係を望んでいます。
ライブチャットは女の子を鑑賞するものだと覚えておきましょう。

 

ビデオ通話アプリは出会いが目的

ライブチャットアプリが女の子の鑑賞を目的とする一方で、ビデオ通話アプリ出会いを前提にしています。
ここがライブチャットアプリとの大きな違いであり、目的がまったく異なっている部分なのです。

 

ビデオ通話アプリを利用する女の子の多くが一般女性となります。
そのため、当然エッチな要求をしても応じてくれる確率は下がります。
しかし、会話が弾んで意気投合すれば実際に会う約束が出来るでしょう。

 

なぜなら、ビデオ通話アプリは出会いが目的であるからです。

 

また、お互いの顔や雰囲気を事前に確認出来るのが強いメリットです。

 

男性であればサクラの存在不細工な女性では無いことを確認出来ますし、女性側も怖い人では無いのを確認出来ます。

 

出会い系で変な人に会ってしまうリスクはそれなりに高いですが、ビデオ通話アプリであればそうした不安をかなり解消出来ます。

 

これこそがビデオ通話アプリが人気を博している理由です。

 

ビデオ通話をすれば安心

 

女性はもちろん、男性側も実際に出会い系で知り合った人と会うのは緊張します。
ですが、ビデオ通話アプリであれば事前に会話してある程度仲良くなっているので、出会いのハードルはかなり下がります。

 

出会い系に付きまとう怖さ、不安、焦り、そうした感情をビデオ通話アプリは解消しています。

 

失敗のリスクを減らし、成功の確率を高めるビデオ通話アプリを積極的に利用してみましょう。
そうすれば、自然と良い出会いが手に入るのです。