ライブチャットは、サイトのルールや法律面、自己管理面などの注意点があります。

ライブチャットの注意点|最悪人生を台無しにするリスクも!?

MENU

ライブチャット利用の注意点

 

ライブチャット・ビデオ通話アプリの注意点

 

ライブチャットを利用する時の注意点をまとめました。

 

正しく使えば安全に利用できるサービスですが、利用方法を誤ると大事に発展してしまいます。

 

最初のうちはマナーやルールを守りながら使えていても、自宅から1人で手軽に利用できるサービスの特性から、ハマっていくうちに普通のやり取りでは物足りなくなったり、気が大きくなってしまう方もいます。また、金銭感覚が麻痺するなど、冷静な判断ができなくなってしまう人も多いです。

 

ライブチャットでやってはいけない事失敗事例を確認して、しっかり自己管理をした上で最低限のルールの中で楽しむようにしましょう。

 

 

ルール違反はしない

 

ライブチャットは必ずルールを守って利用しましょう。
特に最低限法律に触れるような違法行為にあたるルール違反は人生を台無しにするリスクもあります。

 

最近社会問題になっているのが、アダルトライブチャットで女の子が脱いだりオナニーしている所を画像や動画で保存して、それをネットで流出させる行為です。

 

当然ライブチャットではこうした行為は禁止していますし、名誉毀損で刑事責任を問われる可能性もあります。近い将来こうした取り締まりが強化されていくのは確実です。
ほかの人もやっているからと軽い気持ちで犯罪に手を染めないように注意しましょう。

 

ほかにも最近はセキュリティー強化で少なくなりましたが、新規会員登録のお試しポイントプレゼントを目的に複数アカウントを作る事も違法行為に該当します。

 

ルールは全て守るという事を大前提に、法律に触れたり損害賠償を請求されるリスクがある行為だけは絶対にやらないようにしましょう。

 

 

不安があれば、女の子に確認する

 

いいか悪いか

ライブチャットは過激なサービスをしてもらう事や下ネタトークなど日常的に女子と話せないトークをできるのが醍醐味です。

 

しかし、なんでもやっていいという訳ではありませんし、許容範囲はチャットレディごとに違います。

 

せっかくお金使っているから、自分の欲求を満たしてもらいたいけど、どこまで要求しても平気なのかが分からない。という方はいきなり言葉や行動に移すのではなく、事前に女の子に確認する事がオススメです。

 

例えばお金をかけずにアダルト行為を要求したい場合は、チャットがはじまってすぐに服を脱いで。などと要求するのではなく、「即アダはいける?」などと聞いてみればトゲがありません。

 

ノンアダルトの場合は、下ネタトークや言葉のプレイとかってしちゃダメ?と事前に聞けば受け入れてくれる子が多いです。
同様に双方向チャットで自分の陰部を見せたい時は、見てもらいたいと伝えるなど、なんでもいきなり言動に移すのではなく、柔らかい聞き方で確認すればトラブル回避にもつながり、たとえNGが出たとしても女の子からは嫌悪感を抱かれません。

 

何も言わずにいきなり、脱いでって言ったりするとキックされて追い出されてしまう事もありますし、確認なしにいきなり陰部を見せつける行為をするとアカBANをくらう事もあります。

 

2ショットチャットであれば、こうした確認はしやすいですが、パーティーチャットの場合男性ユーザー同士が団結したり、他のユーザーから煽られると、ついつい女の子の事を考慮しない失礼な言動を取ってしまう人が多いです。

 

パーティーチャットは他のユーザーと一緒に盛り上がる事は大切ですが、常にチャットレディに失礼すぎる行為をしてはいけない。という事を忘れないようにしましょう。

 

お金を使いすぎない

 

ライブチャットはクレジットカード払いがメイン

ライブチャットは、自宅から1人で利用できるうえに、支払いは原則カード払いです。

 

大手サイトであれば、詐欺のような高額請求が突然来る事はありませんが、自己管理ができないと気持ちが高まったり投げやりな気持ちになった時についついお金を使い過ぎてしまいます。

 

仮に業界最安水準でもある1分100円だったとしても1時間利用すれば6千円になります。
月に数回1時間以内の利用であれば、適度な息抜きの範囲内で遊べます。

 

しかしライブチャットは中毒性もありハマってしまうと1回のチャットで2~3時間使ってしまったり、週に複数回利用しないと気持ちが落ち着かない状態になってしまう事があります。

 

基本は前払いのポイント制ですが、お得なまとめ買いを利用して、1ヶ月かけて利用しようと思っていたポイントを2日で使ってしまい、すぐにチャージをするなど負の連鎖に陥ってしまう人がたくさんいます。

 

実際にライブチャットで莫大な借金を作ってしまった人もいるので、1ヶ月の予算や利用回数、一回の利用時間の自己管理は徹底的におこなって、お小遣いの範囲内で遊ぶようにしましょう。